「ワンタッチ」で一攫千金| バイナリーレートとチャート



初心者にも分かりやすく、リスクやコストの管理も比較的穏やかに行えることで定評のあるバイナリーオプションですが、もっとも有名である「ハイ&ロー」のほかにも様々なオプションが存在しています。

その中でも、ハイリターンを狙えるものの一つに「ワンタッチ」があります。
このワンタッチも、ある物の価格の推移を予測して投資をする、という基本的な仕組みはハイ&ローと一緒になります。
ハイ&ローの場合には「価格が上になるか下になるか」という条件がありましたが、ワンタッチの場合は、一定の期間内に一度でも設定された価格に到達するか、到達しないのか、つまり「タッチ」するかしないか、が条件になってきます。
到達するべきの価格の設定が、開始時の価格から離れている場合は、タッチするのは難しくなり、タッチせずに終わりやすくなります。
逆に、到達するべき価格の設定が、開始時の価格から近い場合は、タッチしやすくなり、タッチせずに終わるのは難しくなります。
これによりペイアウト率も変わっていき、すぐに条件が達成できる場合はペイアウト率が高く、ローリスクローリターンの投資になります。また、条件の達成が難しい場合はペイアウト率が高くなり、ハイリスクハイリターンの投資になっていくのです。
また、「到達する」に投資をした場合は、期間内に一度でも条件が満たされればその場で当たりが確定します。「到達しない」に投資をした場合には、期間が終了した時点で判定がなされます。

このように、ワンタッチは使い方によって、確実に小さな利益をつかむか、可能性に欠けて大きな利益を狙うか、と使い分けることが出来ますが、多くの場合は大きな利益を狙って利用されることが多く、業者によっては時に数百%にもなる高いペイアウト率が人気のようです。
しかし、ハイリスクハイリターンと聞くと、どうしても手が出にくくなってしまうのが本心だと思います。けれども、ここで効いてくるのがバイナリーオプションの「投資した金額以外の損失は発生しない」という特性です。
どんなにハイリスクであろうとも、それは投資金額を失う確率が高いというだけのことで、FXや株式のように投資した金額以上の損失が発生することはないのです。
とはいえ、通常ではなかなか掴むことが難しい高ペイアウト率ですが、相場の条件によってはそれが成しやすい状況もあります。例えば、経済指標の発表や政府からの重要発言の後などがそれにあたります。
このような時には、市場へのさまざまな思惑が働き為替相場にもそれが反映され、その価格も乱高下することが多く、こうした「荒れている相場」ではワンタッチのような投資取引が特性を充分に発揮できるでしょう。